ゆっくり外構工事もいいけど

こんにちは「でざいんこま」小松です。

住宅に付随する外構工事 

予算もあるし住宅工事が完成した後にされることもあると思いますが、住宅の設計段階から計画だけは同時に進められることをお勧めします。


後々外部物置を裏に置きたくても置く場所がなかったり、自転車や自動車のタイヤ、除雪道具などの置き場がなくて困らないように・・

アルミカーポートを建てる予定ならそのスペースと位置の検討が必要ですし、隣地境界上にフェンスやブロックを積む予定があれば住宅工事の時それを想定して工事がしやすい様にしておきます。


こんな風に外構工事は住宅設計や工事と密接に関係がありますので設計者と詳細に打ち合せをしてください。

そして、住宅工事と並行して工事をした方がいいものと、住み始めてゆっくりと進めていいものとをわけます。


住みながらゆっくり作り上げていく外構としては、庭の植栽や花壇であったり、ウッドデッキをDIYで作ったりと、すこしづつ居心地よく出来上がっていく楽しみがあっていいと思います。

完成して2年目 お隣との境に縦格子のフェンスを新設しました。木材はアマゾンジャラ材で無塗装でもメンテナンスフリーで超耐久性のある材料です。

目立たないように鉄骨材で縦格子を支持しています。


こちらは南面 雰囲気を変えて焼き杉板を大和張りしました。視線を遮りつつ風が通るように配慮しました。